イオン少額短期保険

HOME > 商品のご案内(家財保険) > 家財保険のキホン

賃貸住宅に住んでいても
「家財保険」は自分で選ぶ時代です。

家財保険とは

家財保険は、住宅の中で所有している財産が火災・水災・盗難などの被害にあったとき補償される保険です。

家財保険って本当に必要?!

賃貸物件に入居する際に不動産会社から加入を勧められる「家財保険」。実は入居者の皆さんの財産を守るためだけに勧められるわけではありません。
家財保険に付帯される賠償責任保険への加入が実は重要なのです。不注意で火災を起こしてしまったなど、大家さんへの賠償が必要な場合に賠償責任保険は必須といえるでしょう。

図:家財保険って本当に必要?!

家財保険は自分で選べるって本当なの?

賃貸物件へ入居する際には賠償責任保険に加入することが条件になっているのが一般的です。賃貸借契約の事務手続きの一環として、不動産会社から自社(代理店)での加入を積極的にすすめられると思いますが、自分のスタイルに合った保険をしっかり選んで加入するのが賢い選択です。

イオンの家財保険には「1年更新のメリット」があります

賃貸住宅の契約期間が2年の場合、家財保険の契約期間も2年となり、2年分の保険料を払い込むことが一般的です。「イオンの家財保険 賃貸プランWide」は1年更新で毎年保険料をお払い込みいただくタイプなので、1回あたりの保険料負担が軽くて済む、という特長があります。たとえば、保険料負担が軽くなった分を引っ越し代にあてたり、契約更新の際の更新料にあてたりすることも可能です。

図:2年更新だと…
図:1年更新であれば…
ページ先頭へ